Wedding report

福岡のウェディングプランナーブログ💖

結婚式の初期見積りと最終見積りの違いとは?

こんにちは!!福岡でウェディングプランナーをしています💕💕

 

これから結婚式をお考えの方はご相談ください

f:id:dios-yusuke:20180518152130j:image

これから結婚式をお考えの方は先ずは日程と会場を決めていく事になります。会場見学を進めていく中でどの会場でもお見積もりをご覧頂く事が出来ます。結婚式は打ち合わせを重ねていく中でお見積もりが変わっていくサービス商品です!どんな演出をするのか、どんなアイテムを使うのかでお見積もりがその都度変動します🧐

 

その為、結婚式のお見積もりには初期見積りと最終見積りが存在します!

 

今回はこの初期見積りと最終見積りの違いをご案内致します💁‍♂️

 

 

 

初期見積り➡会場見学に行った際にパックや条件割引を中心に出すお見積もり。新郎新婦様が最初にもらうお見積もり。

 

初期見積りは、新郎新婦様がどの部分にこだわるのかがまだ明確ではない段階でのお見積もりになるので、どのアイテムも最安の設定で出されることが多いです。また、最低限のアイテムでのお見積もりにしてなるべく金額を安く見せるというのも特徴の一つです!

 

例えば、スナップカメラ撮影はほとんどの方が必要だと思いますが初期見積りには入っていなかったり、初期見積りの設定価格でのドレスではほとんど選択するのが難しかったりします。(グレードアップ前提なので初期見積り通りのドレス価格になることはほとんど無い)

 

最終見積り➡文字通り新郎新婦様が最後にもらうお見積もりです。結婚式当日に向けて、いろんなお打ち合わせをした後に最終的に、これくらいかかるという、実際に新郎新婦様がお支払いされる金額のお見積もりです。

 

最終見積りは各種アイテムのグレードアップや追加した演出や引出物の数まで正確な数字で表されます👍

 

 

 

 

一般的には初期見積りから最終見積りまで約100万円ほどあがるといわれています。(招待客100名様規模の結婚式の場合)

 

 

なぜそのようなことがおこるのでしょうか?

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

先にも書いた通り、初期見積りの出し方が正確ではないからです。

 

 

 

もちろん最初の段階で新郎新婦様がどこまでどのアイテムにこだわるのかは分かりませんから最低価格の設定でお見積もりを出すことになるのですが、ほぼ必要であろう項目まで載せていなかったり、グレードアップをせざるを得ないドレスラインナップだったりするので上がっていくわけです。

 

 

この違いを理解していないと、初期見積りの安さに心奪われて安易にご契約をしてしまうことになります。最終的には予想以上の出費がかかり予算をオーバーしてしまったという話も少なくはありません。

 

会場からお見積もりをもらったら、詳しい人に見てもらいましょう!!

 

プロのウェディングプランナーや詳しい人はどの会場のお見積もりをみてもある程度どのくらい価格が上がっていくのかや、必要なものがどれだけ入っていないのかや、相場よりも高いのか安いのかも判断できます。

 

初期見積りをもらった方は是非ご相談ください➡御見積り分析はこちら

 

初期見積りをもらった方は以下の点も参考にしてください。

 

・料金アップ率も考える➡ドレスや料理のグレードアップの幅を理解しておくことはとても大事なことです。

例えば、初期見積り300万円、初期見積り330万円だと皆さん300万円のお見積もりを選ぶ方が多いです。もちろんぱっと見は安く見えますからね🤔

しかし、初期見積り300万円の会場はドレスのランクアップが35万円~、初期見積り330万円の会場は初期見積りの範囲内で十分に選べるドレスがあってランクアップの必要がない・・・

という場合は結果的に初期見積り330万円の会場の方が安くなります。

 

これは料理でもお花でも全ての項目でいえる事です。

 

 

多くの項目が記載された結婚式の初期見積りを、結婚式が初めての新郎新婦様だけで分析しご契約の判断をされるのは危険な行為です😫

 

お見積もりを見ながら的確な分析と判断ができるプロのウェディングプランナーに一度ご相談しましょう!!

 

私は会場見学ももちろん会場見学後のお見積もりの分析だけでも無料でご相談にのらせて頂きます!!

 

御見積りに関する無料相談はこちら💁‍♂️

 

f:id:dios-yusuke:20180518152234j:image